これだけは知っておきたいホワイトニングのデメリット

ホワイトニングでよく聞く3大デメリットとは?

ホワイトニングに関わる仕事をしていると「ホワイトニングってデメリットあるの?」と聞かれることがよくあるのです。
そこで今回はホワイトニングといえばという王道のデメリットと僕が考える最大のデメリットについて書いていこうと思います。

ホワイトニングの3大デメリット

ホワイトニングのデメリットとしてよく上がってくるものは多々ありますがその中でも特によく上がるのが

『痛い』、『高い』、『食事制限アリ』

この3つでしょう。
1度でも調べたことのある人なら「知ってるわ」という内容かもしれませんが初めてのホワイトニングを検討されてるあなたに簡単に紹介しておきます。

『ホワイトニングの痛み』

まずは何と言っても『痛い』というデメリットでしょう。
そもそもホワイトニングにはいくつか種類がありますのでホワイトニングの種類と特徴については別の記事に書いておきます。
ここでいう『痛み』とは主に歯科医院さんで行われる「ホームホワイトニング」や「オフィスホワイトニング」で発生するものです。
そもそもホワイトニングとは「過酸化水素」や「過酸化尿素」と呼ばれる薬剤を使用して行われています。

<過酸化水素=消毒液などのオキシドール>

例えば、転んで擦り傷をした時にオキシドールをつけると「沁みて痛い」と感じるかと思いますが、歯茎も皮膚が弱いので同じようなことが起きてしまうのです!!!

ーその他の痛み

・虫歯で穴が空いている場所に染み込んで痛い。
・歯軋りで歯が薄くなったりヒビが入っていて浸透した時に沁みて痛い。

などがありますが基本的には「かき氷食べて歯がキーンとする」というような感覚に近いです。
これがいわゆる『ホワイトニングの痛み』と言われるものです。

『ホワイトニングは高い』

次によく言われるのは「ホワイトニングって高いんだよね」というデメリットです。
歯が綺麗な方がいいなんてのは誰でも思うことですが、「ファッション」「ネイル」「マツエク」「ヘアー」などと比べれば別に白くしなくても困らないので高いお金を払ってまでやろうと思わない。という人も多いのです。

そもそもの相場を知らない方も多いので参考程度にあげておきます。

<ホームホワイトニング>

マウスピース制作+専用ジェル→¥20,000~¥30,000

<オフィスホワイトニング>

照射1回→¥40,000~¥80,000

どうですか?簡単には手が出しにくい金額ですよね。
しかも厄介なのが『保険が効かない』と言う事です。

ホワイトニング=審美的なもの(見た目を良くする為のもの)

なので治療ではなくなってしまうのです。
だから高いんです。
しかもですね、黄ばみの原因は様々で遺伝的に黄ばみが強い人や神経が死んでしまってる歯には効果が出にくいのです。
と言うことはですよ?そんなに効果が出なくてもこの金額はかかると言うことです。

「ホワイトニングを1回やったら真っ白になれる!!!」

と言うわけではないんです。ここは意外と知らずにやられる方が多いので知っておくといいです。

『ホワイトニングは食事制限がある』

食事制限に関しては知らない人がほとんどです。
これはホワイトニングが歯の表面の膜(ペリクル)を剥がしてしまうので再び膜が戻るまではコーヒーやタバコなどの着色が「付きやすくなってしまう」のです!!!

これを『再石灰化』と言うのですがその間は着色の少ない物を摂取しないと色が入ってしまいます。
期間は1日〜2日程度なので何週間も我慢しなければいけないわけじゃないです。
それでも我慢してまでやりたくないと言う人が居るのもなんとなく分かります、、、

以上が『ホワイトニングの3大デメリット』だと認識しています。
でも僕は1番のデメリットはもう一つあると考えているのです。

真のデメリット、それは「色戻り」である

ホワイトニングを経験したことがある方ならば『当然』わかってると言う人も多いかと思います。
しかし、初めての方はなかなかそこまでは調べません。
でも僕はホワイトニングをする上で『色戻りのリスク』は一番知っておくべきと考えています。
色戻りの期間は種類によっても変わりますが一般的に言われている情報によると、


・ホームホワイトニング→半年〜1年
・オフィスホワイトニング→3ヶ月〜半年

と言われています。
歯科医院さんではしっかりと説明を受けますが大体の人は「1回ホワイトニングしたらずっと白いまま」と思いがちなのですが実は定期的に「タッチアップ」(定期的にホワイトニングを繰り返すこと)をしないと維持できないのです。
これこそが僕の考える1番のデメリットだと思っています。

簡単にまとめるとこうです。

  • ホワイトニングで歯を白くなる
  • 何年か放置してしまう
  • 色戻りが発生する
  • 再びホワイトニングをする

『エンドレスホワイトニングスパイラル』

こんな風に書いてしまえば「ホワイトニングよくないじゃん」と思われるかもしれませんが決してそうではありません。
むしろ僕は『もっとたくさんの人がホワイトニングをするべきだ』と思っています。
なぜならそれ以上に人生にとってプラスの事ばかりだからです!!!
これについてはまた今度記事にしていきます。

“一番大切な事、それは「続けられる方法を知る事」”

ホワイトニングを半年や1年ごとに繰り返すのは正直難しいです。
だからこそどれくらい白くしたいのか?どうしたらその白さを維持できるのか?
それを考えた上でホワイトニングを選ぶのが大事だと思うのです。

例えば

「ホームホワイトニング」→定期的にジェルのみを追加購入して続ける。(ジェルは¥3,000~¥5,000)
「オフィスホワイトニング」→その後のメンテナンスを「セルフホワイトニング」でケアする

など『価格』、『効果』、『通いやすさ』などから一番続けやすい方法を選択するといいと思っています。

まとめ

僕自身セルフホワイトニングとはいえ「ホワイトニング」に出会って自分に自信が持てるようになってすごくよかったと思っています。
ホワイトニングがもたらす効果はたくさんあって語りきれないですが多くの人に同じ気持ちを共感してもらえる瞬間が来たら嬉しいな?と思っています。

今回の記事はなるべく様々な情報源をもとに中立的に書いたつもりです。
セルフホワイトニングが絶対良い!とも言わないですし、歯科医院さんのホワイトニングしか意味がないとも思っていません。
あなたにとって一番合う方法を見つけてもらうのが僕の想いです!!!

ぜひ参考にして頂ければ幸いです。
ご静聴有難うございました。

関連記事

  1. 【予防歯科が死ぬほど大事って知ってたやつ挙手】

  2. なぜセルフホワイトニングが注目されたのか?

  3. なんで黄ばんでしまうのか?歯の黄ばみの原因とは?

  4. 週刊ブリリアントvol.5 『なぜ芸能人やセレブは歯を白くす…

  5. 【初心者向け】ホワイトニングの痛みの原因を知ろう

  6. 【セルフホワイトニングのデメリット】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA