週刊ブリリアントvol.6『なぜ歯科医院さんでホワイトニングが勧められないのか?』

『なぜ、ホワイトニングをオススメされないのか?』

ホワイトニングをしようと歯科医院さんへ言ったことがある人の半分以上の人はもしかしたら「ホワイトニングしないほうがいいですよ?」と言われたことがあるんじゃない?

まだしたことの無い人からしたら『えっなんで?』となりそうだけど現実にあまり勧める歯科医院さんがいないんです。今回の週刊ブリリアントではそれがなぜなのかを探っていきます。

  1. そもそもホワイトニングに詳しくない!?
  2. ホワイトニングは歯に良く無い!?
  3. 歯科医院でも効果を確保できない!?

1.そもそもホワイトニングに詳しくない?

 

これどういうことかっていうとね?

そもそも歯科医師学校で別にホワイトニングについて勉強しないんです!なので開業してから自分の医院でホワイトニングを導入するようになってから勉強するケースが多いんですね。もちろんホワイトニングに詳しい歯科医院もいるので全部が全部と訳じゃないですが基本そんな感じです。

なので歯科医院によっては、衛生士さんがホワイトニングを担当しているところも多いです。これは僕の体感ですが、ネットで調べた情報で結構普通に医院長先生と話できます。それくらい日本ではホワイトニングに力を入れてる所が少ないってことです。

日本に入ってきてまだ30年くらいと言われているので仕方ないのかも知れません、、、そんな日本なので「そもそもホワイトニングに力を入れてないとこもたくさんあるよ」ってことです。

オススメされない理由その1 そもそもホワイトニングに力を入れてない問題

興味ないことなら調べないですから詳しい訳ないですよね?ってことです。

2.ホワイトニングは歯に良くない!?

 

ネットで調べてるとね『ホワイトニングは歯を痛める』って出てきたりします。結論から言うとホワイトニングで歯は痛めません!!でも、ホワイトニングは痛みが出ます。

ホワイトニングがなぜ痛いのかについては次回でも書こうと思いますが、簡単に言うとホワイトニングで使われる成分は『オキシドール』に含まれる過酸化水素が使われている為『皮膚の弱い歯茎や歯が欠けてると神経にダイレクトアタックする』イメージは擦り傷にオキシドールをつけるとしみるじゃないですか?そんな感じです。

 

この痛みが出ること=歯に良くないってなっちゃってるんです。

でも違います。そもそも訴訟大国のアメリカでは市販で売られてるんですよ?害のある物だったら訴えられますから安全性はしっかり証明されています←

しかーーーーし、ホワイトニングは歯に良くないってイメージがお客様にあったりすると痛みが出たことで責任を負わなきゃいけないかも知れない。歯科医院さんにとってそんなリスクを取ってまでホワイトニングをやらないって言う人もいるんです!!(話を直接ききました。)

そりゃメインの治療は自信あるのにホワイトニングで評判悪くなったらたまったもんじゃないですよね、、、と言う訳で

オススメされない理由その2 痛みのせいで悪評が出るリスクを負いたくない

ホワイトニングに対してのイメージが変われば一気に進みそうです!!!そして実はここでもう一つ注意しなきゃいけないことがあります。

歯科医院さんで行われる「痛くないホワイトニング」の真実

 

セルフホワイトニングで使われてるものと全く同じ物が歯科医院さんにある場合もあるよってことです!ここは注意点で同じものなら『安い方がいい』じゃないですか?効果一緒ですし。なのでホワイトニングを選ぶ時は『何を使ってホワイトニングしているのか?』は必ず確認してください。

<一般的に使われる成分と価格帯>

  • 過酸化水素 約4万
  • 過酸化尿素 約2万
  • ポリリン酸 約1万
  • 酸化チタン 約5千円

上から価格順にしましたが、ポリリン酸と酸化チタンはそこまで差がないです←

なので酸化チタンホワイトニングの方がコスパ良しとなります。軽く覚えて負いてください!ただ知覚過敏の方や痛みが嫌な方は最高でも過酸化尿素が限界だと思います。

3.歯科医院さんでも効果を保証できない?

 

いよいよ最後ですが、ホワイトニングはよく『個人差があります』と言われます。これがなぜ起こるのかと言うと、そもそもそれぞれの歯がどういう特徴があるのかが調べる方法がないからです。

簡単にいうと風邪とかも何が原因かわかるからそれに効く薬が出されるわけじゃないですか?それが分かってないよってことです!確かにホワイトニング効果があることは証明されてますけど、効果が出ない人の特徴が細かく分かってないんですね?だから結果はやってみないとわからないんです、、、

それが現実です。

だからここまで白く出来るって約束できないんですよね。悔しいけどそれが現状です。だから歯科医院さんも白さの確証は出来なかったりするんです。

オススメされない理由その3 確実な原因が突き止められていないからやってみないとわからない問題

ただ研究されてそれぞれにあったホワイトニングが選べる時代はすぐ来るはずなのでもう少しだと信じましょう!

 

これが僕の経験談を踏まえたホワイトニングがオススメされない理由3選です。しかし、そもそも芸能人のような白さはセラミックなどの人口歯だということを多くの人が知らないことも問題です。ホワイトニングで出来る白さを理解していく事で『自分にあったホワイトニング』を見つかられるはずです。

その為に僕も事実を発信していこうと思います。多くの人が自信の持てる歯になりますように、、、

 

以上今週の週刊ブリリアントでした。

 

関連記事

  1. アロマオイル【最新情報】

  2. Happy ✖️歯ッピー

  3. 週刊ブリリアントvol.4″インスタはこれを使え…

  4. 必見!お得情報です!!

  5. 【全力の告知を書いてみた】※閲覧注意

  6. ブリリアントblog開始いたしました!!!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA